医療脱毛の回数と豆知識

レーザー脱毛は医療脱毛とも呼ばれている脱毛手法です。
レーザーの光は黒ものに強く反応を示す性質があり、従来はシミなどを除去する目的で医療機関の中で利用されていたものです。
しかし、この治療を行う中で脱毛にも効果が有る事が解り、レーザー脱毛は誕生したと言われているのです。

 

 

黒い色のメラニン色素は、毛根にあるものであり、レーザーの光はここに集中する性質を持ちます。
そのため、肌に照射しても肌へのダメージは無く、脱毛効果を高めることが出来ると言ったメリットを持つのです。
メラニン色素に吸収されることでレーザーの光は熱エネルギーへと変換され、発毛組織を破壊する事で脱毛の効果を得ることが出来るのです。

 

 

また、レーザー脱毛は毛周期に合わせて繰り返し行う事が必要であり、脱毛の回数は脱毛を行う部位やどこまで脱毛をするのかによりことなりますが、毛が成長期に入るタイミングを見て脱毛の施術を繰り返して行う事になるのです。

 

 

尚、豆知識として覚えておきたいことは、脱毛は全ての人に対して同じ効果を得られるのではなく、肌が白く、しかも毛が黒くて太い人ほど脱毛の効果が発揮されやすいとされているのです。

 

 
また、日焼けをしている場合には脱毛が出来ないので日焼けには注意が必要なのです。

コメントは受け付けていません。